防草シート、除草シート、除草剤、モッコ、バークチップ、造園資材、農業資材の激安 価格 販売

 

注文の流れ初めての方へキャンペーンコードの使い方

お客様にとって、最もお得なお知らせ!!!(お買い得情報)

市場最安値にて販売中
エコナル防草シート

 

防草シート 施工方法 張り方 敷き方

今回はメジャーなエコナル防草シートを例に施工方法をご紹介致します。

エコナル防草シート 詳細はコチラ

防草シート施工予定地を綺麗にする

防草シートは雑草の上から敷いたり、でこぼこの土地にそのまま敷いたりすると隙間ができてしまい劣化の原因となります。写真のように綺麗に雑草を取り除き、整地するのが望ましいです。

雑草の処理

手で抜いたり草刈り機で刈り取っても構いませんが、雑草の根が残っていると再生してシートを持ち上げる場合がありますので、根までしっかり処理するのが理想的です。しかし根の撤去は大変な作業なので「根まで枯らす除草剤」の使用をオススメしております。

除草剤サンフーロン 詳細はコチラ

整地

石や異物、枯草などを取り除き、できるだけ地面の凹凸を減らします。この時トンボなどで地面をならすことができればより良いでしょう。

防草シートを敷く

整地が済んだら防草シートを敷いていきます。エコナル防草シートはハサミで簡単にカットできて、ほつれもないため非常に作業しやすくなっております。この時、できるだけ地面とシートの間に隙間なく張るのが長持ちするためのコツです。また、シートとシートの重ね合せ部分は10cmを目安に設けてください。隙間から生えてくる雑草を防ぎます。壁際や角の部分も多めにシートを残して張りつけ、隙間から生えてくる雑草を防ぐと良いでしょう。

固定ピンの打込み

防草シートの固定には専用の固定ピンを使用します。むき出しで張る場合は50cm間隔を目安にピンを多めに打込んでください、砂利下に敷く場合は少なめ(1m間隔)でも大丈夫です。

防草シート用 固定ピン詳細はコチラ

粘着テープ

シートとシートの接着、シートと壁、シートとコンクリートの接着には専用の粘着テープの使用がオススメです。隙間をキッチリ抑えることで風の吹き込みや砂の侵入、雑草発生を抑えます。(粘着テープを使用する際には表面が砂や水で汚れていると粘着力が著しく低下するため、綺麗に拭き取ってから張るようにしましょう)

防草シート用 粘着テープ詳細はコチラ

砂利 マルチング材の利用

シートのみでは景観が寂しいため、上に砂利を敷いても良いでしょう。砂利とシートは非常に相性が良く、互いに相乗効果が見込めます。見た目が良くなるだけでなく、シートが砂利の沈み込みを抑え、さらに砂利が日光を遮りシートの劣化を防ぎます。砂利の他にも、バークチップなどのマルチング材の利用も近年では増えてきております。

砂利の詳細はコチラ

バークチップの詳細はコチラ