庭に砂利を敷く時は、防草シートを敷くことが上手くいくコツです!

 

庭に化粧砂利を自分で敷こうとお考えの方は必見です。

設置後も長期にわたり、綺麗に維持できる砂利の敷き方。

化粧砂利を敷く時は、ザバーン防草シートも一緒に使うことで、砂利が地面に埋没しないので綺麗な砂利庭の状態を長く維持できます。
また、砂利の補充が入らなくなるのでコストが削減できます。
ご近所からは「いつも綺麗な庭ですね」とちょっと嬉しい事を言われたりします!

砂利を敷くのに防草シートが必要なの?

化粧砂利、敷いてみると解りますが意外とお金がかかります。
そして、中々ここまで気が回らないのですが、時間の経過と共に砂利は地面に沈んでいきますので、ある程度目減りすれば景観を維持するために後々買い足す必要がでてきます。
更に、地面に埋もれた砂利の間からは普通に雑草が生えてきます。
これでは、折角の化粧砂利が台無しです。
そんな問題を防止するために役立つのが防草シートです。

効果が分らないなら、安くするために使わない方がいい。

防草シートの効果がまずは分らないと使うに使えないですね。
機能と価格で一般の方にも人気のザバーン防草シートです。
シッカリと砂利の埋没を防ぎ、雑草の発生も抑えています。
実際に砂利を直に敷いてしまった場所はこうなります。
あっという間に数ヶ月で埋没し、雑草もチラホラ。
一方でザバーンを砂利の下に敷くと一切雑草は発生しておりません。

どんな防草シートでも大丈夫なのか?

では、防草シートならどんなものでも良いのか?と思いますが、 長く使用するとなれば気を付けて頂きたい点がございます。
一般的に販売されている織布タイプの防草シートは、使用しているうちに目合いがズレて隙間が出来てしまいます。
その下に運悪く雑草がいれば貫通して生えてきますし、隙間が大きくなれば砂利のサイズにもよりますが漏れてしまうこともあります。
よって、この様な不安要素を無くすためにも、不織布タイプの防草シートが砂利下には最適です。
不織布タイプの防草シートで最も使用されているのが、 ザバーン防草シートです。
また、砂利の下に敷いて、もし砂利がズレてシートが見えても違和感の無い色味ブラウン&ブラック(BBタイプ)が人気です!

強害雑草も抑え、茶色と黒の好みの色で敷ける ザバーン240BB。

今なら最大30%OFF!送料無料!
更に、 仮止めにも便利な固定ピン無料添付中!
更に、 初回限定で施工に役立つスパッとシートがカットできる裁ちバサミ、滑り止め付の手袋をプレゼント!

尚、最近の大幅な円安により急な価格上昇の懸念が出てきておりますこと前もってご連絡しておきます。
ご購入予定の方、大量に必要とされている方は、お早めにご利用ください。

下記のリンクにて特価販売中です。