防草シート、除草シート、除草剤、モッコ、バークチップ、造園資材、農業資材の激安 価格 販売

 

注文の流れ初めての方へキャンペーンコードの使い方

これからの太陽光発電事業所の設置に対する考え方

1. 防草対策をしっかりする。

2. 台風、大雨対策をしっかりやる。

3. 発電効率を上げる為には、どうするか?

 

最近の異常気象により、 1と2を一緒に考える必要性が生まれてきているのではないかと考えています。それには、どのようにして行けばよいのか? を次に、私の考えとして記述しまず。

作業順序としては、今、発生している雑草を完全に撤去し、整地した後、エコナル防草シートを敷きます。その上に、シートが破れないよう、丁寧に砂利を敷きます。その上を重機などを使い転圧を掛けます。更にいろいろな方法で表面を平らにします。

② 次に架台の設置、太陽光パネルの設置、 電気設備の取り付けなどを行い完成に向けての段取りを取ります。

***どうして、このような仕事順序、材料が使われることが多くなったか??? を考えます。

① それは、防草シートとして、エコナル防草シートが、多くの土木業者の方が、砂利下シートとして使うぐらい、このような場面に最適な素材として認知されてきました。これは、ある程度の強度もあり、艇水性もあるから、使われている物だと思います。

② 恐らく、全国の太陽光発電設置場所に置いて、これまでの累計で一番多く使われている防草レートは、 エコナル防草シートではないかと言う位、 沢山の量をお使い頂いております。これには、理由があると考えています。 安価の割に丈夫です。また、多少いたんで来たら、そこだけに重ね張りと言う方法が取れます。まさに太陽光発電の現場で痛むのは、通路部分だけに集中すると思います。そこだけ重ね張り。

③ 過去に置いては、 太陽光発電の現場に置いて、 防草シートを敷いた上に、架台などを載せ、パネルを載せると言う所が大半でした。しかし、昨年の千葉県を襲った6 0m近くの台風などが来ると、もはや、上にブロックを乗せているような方法では、太刀打ちできません。 完全に防草シートの上に砂利などを乗せて、 防草シートがめくり上がらない、工夫をする必要があります。 安くて丈夫、 透水性もある、このような砂利下として使うには、最適なものです。

③ のことについて触れます。

最近、上と下からの両面で光を受けて、発電能力をアップさせる、両面パネルが普及してきました。

このような場面で使用されることが多くなった防草シートが、弊社で販売している白ビカ防草シートです。

この商品はもともと、農業用のハウス内外で多く使用されておりましたが、これに一部の方が着眼し、現在使用が多くなっているというのが現状です。

これは、聞いたところによると、確かに発電効率は上がっているようです。

しかし、問題点もや出てきたようです。 それは、白い織物シートである為、黒いシートと比較してどうも、光を通し安いようです。

そこでこれを単独で使うときには、先にエコナル防草シートを敷いた上に、自ピカ防草シートを敷いて、雑草の発生防止及び、発電効率のアップにつなげて下さい。

又、1,2のように、砂利下にエコナル防草シートを敷いてあれば、パネル設置した後で、この白ピカ防草シートだけを砂利の上に敷いて下さい。その時は、所々を押さえ板やピンなどを使って止めてください。

 

以上、ご参考にして頂ければ、と言う思いで書かせて頂きました。

今後とも、よろしくお願いします。